平成21年度 先進商店街 視察研修報告

   恵まれた立地と組織力で生き抜いてきた松山市中心商業

              視察日程:平成211116日~17

                  訪問先:松山市 (株)まちづくり松山

                       内子町 フレッシュパーク「からり」

 

(社)奈良市商店街振興会の総務委員会では、「もてなし事業」推進にあたって先進地視察をこのたび実施致しました。視察先は、四国を代表する松山市の中心市街地である大街道商店街を中心とする中央地区。そして二日目には、全国的に急ピッチで展開する「農産物直売所」の先駆けとしてめざましい成果を上げている内子町の「フレッシュパークからり」の二カ所。

ここでは、中心市街地商業としてソフト事業を中心にめざましい発展を遂げてきた松山市中心市街地の活動などを中心に報告することとしたい。

 

恵まれた立地条件に発展してきた中心市街地 




○松山市中心市街地は商業地として恵まれた立地条件にある。

・交通核(松山市駅)と大型核(高島屋・三越)を結ぶ動線上にL型に商店街が配置され、街区の長さも約  1kmと歩く距離の限界にある。


・L字型商業地を囲むように600m内に、県庁、市役所、ビジネス業務地区が配置され、商業地への来街条件  としては申し分がない。

・さらに最も奥まった地点には、市民やビジターの憩いのゾーンとして松山城などの文化地域が存し、理想   的な地域形成となっている。

○商店街などのレベルも高く、四国一の商業地としての機能を具備している。

・銀店街、大街道とも幅員が広く全天候型アーケードを装置し、個店のレベルも高い有数の商店街である。

・通行量も近年は低下気味となっているが、日曜日2025千人のレベルを維持しており視察日も平日である  が活気ある商店街として賑わっていた。

(株)まちづくり松山設立によるタウンマネジメント

○商店街としての新しい時代の対応を考え、市内4商店街振興組合を中心として地元金融機関(14%)、市(3.3%)などの出資を得て(株)まちづくり松山を設立(平成177月)。目的は自主財源確保による活動の推進。

・道路空間活用収益モデル事業の実施~街区内の映像・ポスター広告公共空間から収益を上げる 公共広告活用地区の指定を市に実施してもらい、大型ビジョン等を配置、広告収入を上げる 3,000万円の収益効果

・駐車場事業 ~市内の民間駐車場の協力を得て駐車場サービス券斡旋(民間駐車場から5%の委託費を受領、会社は一枚200円券を発行)と市営駐車場の管理受託(作年、突然委託解除)

・イベント事業の実施(市内を対象として)

 

課題とこれらに対応する戦略

○松山市内商業にとっての最大の課題は、郊外に進出する大型ショッピングセンター

・昨年に市内から南へ6kmの地点に中四国最大のSCがオープン。売り場面積78,000㎡、駐車場5,000台、キーテナントは中四国チェーンの「フジ」。

・大街道から撤退した「ラフォーレ」による若者顧客の流出が顕著となっているが、このSCへはラフォーレのテナントの多くも出店しており中心市街地の影響は大。

○そのための対策として、中心部を活性化する「お城下プロジェクト」をスタート。

・「お城下へ行こう」を合い言葉に中心部への顧客の来街を促すプロジェクトを推進

一般社団法人「お城下松山」を立ち上げ、地元の百貨店やホテル、銀行に商店街なども加わり、各種イベントを実施。
・お城下憲章を制定するほか「お城下松山サマーフェスティバル」などによって、再び中心街への関心と来街を促進する取り組み。効果はこれからに期待

○その他の課題として

①主要顧客である南伊予地方の地域経済の不振(過疎と高齢化、主要産業の不振)

②松山市地域の経済停滞(支店機能等の脆弱化と消費の低迷)

などの大きな課題に直面している。これは、一商店街、一商業地として対応できるものではなく、松山という都市のみならず四国という地域全体の活力化と活性化をどのように図るかという商業の持つ本質的な課題を改めて認識させられた松山の訪問であった。

 




   


最優秀賞 石原勝見様 (代理・谷様)

たくさんのご応募ありがとうございました。


平成20年10月10日から11月30日まで「おもてなし標語」を募集したところ、全国各地から3294点(はがき2114点、メール1180点)のご応募を頂戴しました。
3回(12月9日、12月25日、1月23日)の厳正な審査を経て選ばれた作品を、下記に発表させていただきます。


 四季薫る 奈良の歴史に 誘われて 出会える笑顔と おもてなし
 
東京都武蔵村山市 石原勝見 様





   おもてなし 奈良の顔です 心です  

 
東京都世田谷区 保岡直樹 様


     ようこそと 笑顔で迎える 奈良のまち     

 石川県金沢市 田川 勝 様


 もてなしの 笑顔ひろがる 奈良のまち 

  石川県金沢市 神馬せつを 様


 あなたの気くばり わたしのきづき みんなで魅せよう 古都奈良を

奈良県生駒郡 三瓶政子 様


笑顔 まごころ サービスが 奈良の商店街へ 客を呼ぶ

新潟県燕市 森山 勉 様


 


  もてなしは きれいな街と 笑顔から

大阪府八尾市 宮崎英明 様


住む人の 人情ただよう おもてなし

大阪府高槻市  池永一広 様


ほっとする 歴史の街の 温かさ

福島県いわき市 鈴木安利 様


いい出会い いい思い出に 残る奈良

東京都練馬区 山本利男 様


奈良の店 千三百年の えがお継ぐ

滋賀県大津市 門木隆明 様




しみじみと 感じる奈良の おもてなし

奈良県奈良市 松森重博 様



「おもてなし標語」の募集は終了しました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

ただいま厳正に審査を行っております。

2月上旬、ホームページ上で発表します。

入選者には直接お知らせします。



奈良市は今、
  全国高校総体や
  平城京遷都1300年祭、
  世界歴史都市会議など
     記念すべき祭典を控えています。

奈良市を訪れる皆様に、
    楽しいすてきな思い出を
     つくっていただきたいと
           願ってやみません。

訪れた皆様が最も多く接するまちの顔は
              商店街です。

(社)奈良市商店街振興会では、
    遠方からおいでくださった皆様を
     快くお迎えすることの大切さや、
      行動のありかたをテーマにした
  標語を募集します。
募集内容
■テーマ
商店街の一人ひとりが、商店街全体が、人をもてなす気持ち「おもてなしの心」をもつことが大切です。
あいさつすることや、笑顔で接すること。街や個人のもてなし方、もてなしのマナーやルール、街の特色づくりなど、こんな商店街だったらいいなという思いを、さまざまな側面からご提案ください。
商店街として、おもてなしの方法やおもてなしの気持ちがわき上がるような、伝わるような標語をお待ちしております。
■形 式
「標語」にこだわらず、川柳的なもの、メッセージ性のあるもので文字数が10~35字以内とし、形式は自由です。
■選 定
主催者による選考委員会において入選作を選び、最優秀作1点、入選作5点以内、佳作5点以内を選定します。
■表 彰
受賞者については、次のとおりの賞状、および賞金を進呈します。

◆最優秀賞…………1点    賞金5万円
◆入選賞……………5点以内 賞金2万円
◆佳作賞……………5点以内 賞金5千円

■発 表
平成21年2月上旬、ホームページ上で発表します。
入選者には直接通知します。

■後 援
奈良県、奈良市、奈良市教育委員会、奈良商工会議所、奈良県中小企業団体中央会、奈良・もてなしの心推進県民会議、奈良市中心市街地活性化協議会
その他
■著作権
著作権は主催者に帰属します(下記の標語活用以外には使用いたしません)。
■標語の活用
選定された標語は、奈良市商店街振興会の啓発ポスター・チラシをはじめ、本会が実施するもてなし啓発事業・行事等において幅広く活用します。
■お問い合わせ先
〒630-8214
奈良市東向北町30番地2 商振会ビル4F
一般社団法人 奈良市商店街振興会 事務局
TEL:0742-22-1581  FAX:0742-27-7141


HOME|奈良市商店街振興会とは加盟商店街イベント情報会報お問い合わせ
Copyright(c)一般社団法人 奈良市商店街振興会 All Rights Reserved